サンクスブログ

Mac miniのパッケージデザイン〈デザイナーブログ〉


「アップルにはパッケージを開けるだけの仕事をする人が何人もいるらしい」という話はとても有名です。この噂の真偽は分かりませんが、その考え作りこまれたパッケージデザインのクオリティは誰もが驚きます。

 

筆者が最近買ったアップル製品Mac mini(Late 2012)のパッケージデザインをご紹介します。

 


とてもシンプルで洗練されたデザインの箱を横にスライドさせると、本体がピッタリと収まっています。隙間は丸いかどの部分のみ。

 



 

Mac mini本体を取り出すと、解説書と電源コードが出てきます。解説書の下には変換ケーブルが贅沢に固定されています。

 

 

一見普通の解説書のようですが、開けると…

 

 

 

 

 

これはすごい、開けた扉のデザインも「Hello」の文字の引き立て役になるよう計算されています。

 


 

解説書を取り払うと、ケーブル類のみが綺麗なレイアウトで収まっています。
しかしOSのディスクが無い。

 

調べてみると、これはミスなどではなく、もうディスクは同封されなくなっていたのです。
「じゃあクリーンインストールはどうするの?」「ディスクの修復は?」
今までインストールディスクで行なっていたこれらの作業はすべてオンライン上で行えるようになりました。
(詳しいやり方等の話は長くなりますので控えます。検索すると他の方々のまとめた記事が沢山出てきますのでそちらを参考にしてみて下さい。 )
少し前からOSディスクは無かったようなのですがこの事を今まで知らなかった…
しかしよく考えれば光学ドライブ無いのにディスクが付くはずがないですね。

 


 

最後にMac mini本体の包装を外して終わりです。この包装すらもデザインが施されています。
無駄がなく考えぬかれたアップル製品のパッケージデザイン、いったい何人のデザイナーが関わっているのかすごく気になります。
このパッケージデザインを見て触って開けた時に買ってよかったと思える 、とても素晴らしいパッケージでした。

 


 

 

【デザイナーブログ】は普段、折り込みチラシやパンフレット・DMなどの広告を実際にデザイン制作しているサンクスのデザイナーブログです。毎回筆者が交代しますので様々な内容でお楽しみいただけます。

 


 

この記事へのコメント数: 0 コメント

コメントする