サンクスブログ

〈営業ブログ〉一生忘れない車両展示ブースの設営


〈営業ブログ〉一生忘れない車両展示ブースの設営

 

先日、真新しい案件が入りました。
それは、新車を店舗外で展示したいとのご依頼でした。

 

日頃、店舗外で展示会をされる場合によく頂く案件はお客様へお渡しする新車パンフレットや店舗誘引に繋がる治具が多いのですが「設置」の案件でしたので、少しワクワクしつつ、モーターショーのブース設置をイメージして打合せをしていました。そこで、まず第一に確認したのは「屋外」か「屋内」か……でした。

 

2ヵ月間という長期間の展示なので、お応えは当然「屋内」でした。雨・風が凌げないと長期間の展示は車両も痛みます。当然です、当然です……

 

いよいよモーターショーのスタッフ気分で、どう車両をお客様に見て頂けるか、購買意欲を掻き立てるか、私の気持ちは大きく盛り上がります。
体裁よく・かっこよく展示するには、コンパネ・パンチカーペット・照明・壁面パネル・パーテーションなど、安全性かつ耐久性を考え打合せに時間を費やしました。壁面パネルのデザインもさせて頂き、車両が際立つA~D案を提案し、訂正しやっとOKを頂き進行していきました。

 

 

■壁面パネルのデザイン4案

 

 

 

 

あとは、設置当日を楽しみに待っていました。
そして当日。朝10時に現地入りし、クライアント様と会い挨拶をするかしないかのタイミングで、驚愕の一言が……

 

「設置は屋外です」

 

なぁぁぁぁにぃぃぃぃ!!!!!

 

今まで準備していたあれもこれもすべて「屋内」用です。
雨・風に耐えれるものではありません!
しかも、車両が屋外で2ヵ月間耐えれるわけもないし、壁面パネルは風で倒れるかもしれないし、パンチカーペットも雨でズタズタになりますし、根本から違うではありませんか!!!

 

「撤収」の空気感が漂う中、クライアント様と現場責任者との、息詰まる打ち合わせが始まりました。

 

2時間後、、、

 

「設置する」

 

おぉぉぉぉ!またまた驚きです。

 

「屋外展示」という根本が違うので撤収かと思っていましたが現場側よりお客様の安全性を確保して頂けるという事で「設置」が決まりました。設置のGOがでれば、待機中の設置のプロ集団も、熱意を込めて手際よく、車両が見栄えのするよう、安全面にも注意を払い

 

 

■Honda N-ONE壁面パネル設置時の様子
 

 

設置開始から2時間。

見事に完成させてくれました。ホント感謝感謝です。

 

 

■Honda N-ONE壁面パネル完成

 

 

願うことは2ヵ月の間、設置したものが無事で、お客様にクルマの魅力を感じて頂き、ここで見た方がひとりでも多くお店へ行っていただくことを祈るばかりです。

 

 

———————————————————————————————
【営業ブログ】は通常のサンクスブログとは別に営業目線で見た、営業だから気づいたことや様々な制作秘話などをブログとして掲載していきます。

この記事へのコメント数: 0 コメント

コメントする