サンクスブログ

〈営業ブログ〉表現することって難しい


【営業ブログ】表現することって難しい

 

 

「ハイブリッドスゴイ!

何がスゴイって、運転中スゴイ静か
これは運転中に音楽をかけていてもストレス無く聴けるし、
小さい子どももドライブ中に気にせず寝れますね!

 

 

子どもいないけど」

 

 

Thanksフィットハイブリッド
写真:Honda FIT HYBRID She’s /ボディカラーはプレミアムホワイト・パール ※ナンバーは合成です。

 

 

さて、弊社に新しい社用車がやってきました。
時代の流れを受けて、ハイブリッドカーです。
実は弊社は初代インサイトを保有していたこともあるので、
2台目のハイブリッドカーということになるわけですが…

 

ハイブリッドカーの特徴と言えば、やはり燃費ですね。
実際街中走行がほとんどであるにもかかわらず、実走行値は20km/L以上と実に高い数値を記録します。
当然給油回数が減るので、ランニングコストが安く済みますね。

 

それより驚いたのが、静粛性なんですよ。本当に静か。
停車するとアイドリングストップしますので、
静かなのは当たり前なのですが、走行中がかなり静かなんです。
今までよりラジオやCDの音量を下げて聞いた方が良いと感じるほどです。

 

さて、この静粛性。広告で表現するのは大変難しい。

 

Web媒体ならやりようもあるかもしれませんが、
チラシやDMといった紙媒体では伝えにくいものです。
車業界にかかわらず、飲食業などのサービス業でも

 

「落ち着いた雰囲気の店内」
「ムードのある空間で」

 

など広告記載されているケースが良く見受けられると思います。

 

こういった内容をより良くユーザーに伝えるにはどうしたら良いか?
そこで冒頭に戻ります。
ユーザーの生の声を掲載する、というのも手法の一つです。
冒頭の文章は拙いですが、私が実際感じた内容ですが、いかがでしょうか。
ユーザーの実際に感じた内容を記載することで、
雰囲気や音といった表現しにくいことを
共感を通じて伝えるのです。
直截「静粛性が自慢」と表現するよりも「静かだった」という声の方が、
共感を持って伝わりやすいと思いませんか?

 

日々そんな広告表現を気にしながら
新しい営業車で関西中を飛び回ってる一営業部員でした。

 

 

 

 

 

 

子どもいないけど。

 

 

 

 
———————————————————————————————
【営業ブログ】は通常のサンクスブログとは別に営業目線で見た、営業だから気づいたことや様々な制作秘話などをブログとして掲載していきます。

 

この記事へのコメント数: 0 コメント

コメントする