サンクスブログ

スキューアモーフィズムデザインの画像



スキューアモーフィズムデザイン(Skeuomorphic Design)とは現実のオブジェクトをエミュレートしたグラフィカルユーザーインタフェース、すごく簡単に言うと“リアル風”に仕上げるグラフィックデザインの手法。iPhoneを利用している方はアプリアイコンによく使われているので馴染みがあると思います。Appleが好んで使うスキューアモーフィズムデザイン、Web上で使用されるのがほとんどですが、近年折り込みチラシやリーフレット、DMなどの紙媒体広告のデザインに装飾として使われていたりするのを見かけます。

 

スキューアモーフィズムデザインの利点は説明を省きユーザーが直感的に使用出来るという事です。例えばスピーカーがリアルにデザインされたアプリアイコンを見れば一発で音楽を流すアプリである事が分かります。インターフェースがアンプをリアルにデザインしてあれば、アンプを操作した事がある人なら説明書を読まずとも操作できます。つまりスマートフォンやタブレットといったタッチパネル操作と抜群に相性がいいのです。
しかしこのスキューアモーフィズムデザインに対して最近批判的な意見も出てきているのです。中でも「装飾過剰」と「デザイナーのエゴではないか?」という意見が多いです。そして一番はiPhoneを始めとするスマートフォン・タブレットで多用されたことによるスキューアモーフィズムデザインのトレンド化への懸念だと思われます。こういった意見を汲んでかどうかは定かではないですが、Windows 8のインターフェースはスキューアモーフィズムデザインとは真逆のフラットなデザインに仕上がっています。スキューアモーフィズムデザインに飽きを感じたWebデザイナーや新しいものを欲するデザイナー達の間でこのフラットなデザインが流行り始めています。

 
賛否両論あるスキューアモーフィズムデザインですが、今回はその中でもクオリティの高いデザインをご紹介します。

 

iPhone UI Case Study – Amplifier App by Tobia Crivellari

Biztome iPad App by Pek Pongpaet

 

 

Camera Remote App by Jeremey Fleischer

 

 

Kineo photo app by volodymyr blazhivskyi

 

 

Auto Sat by Peter Had

 

 

Handy Test

 

 

Jacquico

App Icons by Ryan Ford

 

 

East African Bakery

すべての画像はコチラ
〈画像元-Splashnology

 

この記事へのコメント数: 0 コメント

コメントする