サンクスブログ

Adobe Creative Cloud、6月より提供開始予定


 

 

以前にもブログに書かせて頂きました「Adobeパッケージ販売を廃止、ダウンロードのみに移行へ」が正式に6月から開始することが先日発表されました。現行CSシリーズは実質終了し、Adobe Photoshop® CC、Illustrator® CCをはじめとするCreative Cloud™デスクトップアプリケーションとして6月より新登場。なおAdobe Photoshop® CCに関してはAdobe® PhotoshopとAdobe® Photoshop Extendedの2つが統合されています。

 

 

Adobe日本公式ブログで詳細な情報も出てきており、一番不安だった「強制アップグレード」ですが、


Creative Cloudでは「CS6以降のアプリケーションが、いつでも全て使えるサービス」。
Creative Cloudに加入すれば、CS6を最も古いバージョンとして、どのバージョンにも、いつでもさかのぼってご利用いただけます。


と公式ブログにて説明されています。CS5以下は利用できないのが残念ですが仕方ないのかもしれません。
さらに今後のバージョンアップでCC2、CC3と名称が変わってゆくのかは未定ですが、バージョン14.x.xといった表記のみになる可能性が高そうですね。
グラフィックデザインやWebデザインを始めとするデザイン業界には必須といってもいいAdobeソフトですので、これからの為にもAdobe Creative Cloud導入時期を1度じっくり検討して見る時期なのかもしれません。

 

この記事へのコメント数: 0 コメント

コメントする