サンクスブログ

RSSフィード購読ツール「Google Reader」終了



 

先週、米グーグルが、長らく人気を博してきたウェブのサービス「グーグル・リーダー(Google Reader)」を終了させると発表して、波紋が広がった。

これは、ネット上のニュース記事の見出しとリンクを一覧表示するRSSリーダーの機能をウェブブラウザーで利用できるサービスで、2005年の開始以来愛用者が多いのだが、グーグルはこれを今年7月1日をもって終了すると発表した

グーグルの説明によるとその理由は「選択と集中」。同社は主力事業に注力することを目的にサービスを整理統合する“大掃除”を進めており、これまで70に及ぶサービスを廃止した。グーグルも今回のリーダーに愛用者がいることを認識しているが、利用者数が減少していることを理由に終了を決めたという。

この告知の直後から請願活動のウェブサイトにサービスの存続を求める署名運動のページが開設され、翌日には7万以上の署名が集まった。

署名は米国のほか、英国やスペイン、日本、中国など世界中から集まっており、この運動は今後も広がる様相を呈しているのだが、海外メディアの記事に目を通すと、残念ながら決定が覆ることはなさそうだ。〈記事全文はこちら〉

〈記事元-JBPRESS
———————————————————————–
RSSフィードを購読している方のほとんどが利用しているであろうGoogle Reader、利用している者としては無くなってしまうのは大変残念です。
Google Readerは2011年秋にリニューアル後、海外も含め利用者数が減ったのではという見方あり、日本でもリニューアル後の新デザインに対する批判的な意見が多く見られました。もちろん理由は推測の域を出ず、現在様々な憶測が世界中で飛び交っています。中にはRSS自体がもう過去になったという声もあります。
この発表後Google Readerユーザー獲得にYahooを始めとする国内外各社が名乗を上げています。まだまだGoogle Reader終了の発表で起きたゴタゴタは続きそうです。

この記事へのコメント数: 0 コメント

コメントする